有限会社 伊藤鍍金工業所

亜鉛メッキ、ニッケルメッキ、クロムメッキ、無電解メッキほかメッキ処理なら|愛知県豊川市 伊藤鍍金工業所

HOME»  環境対応

環境対応

■亜鉛メッキの6価クロメート技術

近年製造物による環境負荷の軽減が大きな課題となってきていることは皆さんもご存じと思います。この動きは、メッキ業界においても例外ではなく、亜鉛メッキの6価クロムフリー化、ハンダメッキの鉛フリー化等環境負荷の軽いものへ移行しようとしております。

当社におきましても世の中のニーズに応えるべく亜鉛メッキの6価クロムフリー化にと取り組んでおります。

 

■亜鉛メッキにおける6価クロム

従来、亜鉛メッキは安価かつ効果的な鉄の防錆処理として利用されてきました。ただ、亜鉛金属は素地の鉄に対しての防錆効果は高いのですが、非常に卑な金属であるため亜鉛金属で鉄を被覆しただけでは亜鉛自体はすぐに酸化され白錆を発生してしまいます。そこで表面の防錆効果とトータルでの鉄素地に対する防錆力を強化するために各種クロメート処理を行ってきました。このクロメート処理により形成される薄い保護被膜は微量の6価クロムを含有するため近年問題となってきました。
一般的な6価クロム含有量を下表に示します。

 

光沢クロメート
~10

 

有色クロメート(黄色)
10~40

 

グリーンクロメート
50~120

 

黒色クロメート
20~70

 

*表内の数値はmg/m2

 

■6価クロム代替

現状では、完全に6価クロム使用のクロメート処理を代替出来る処理は、まだ完成しておりません。しかし、その第一歩として亜鉛メッキの耐食性規格自体はクリアする各種代替薬品が開発され実用化されつつあります。

当社では、その中から当面3価クロムを利用したクロメート代替処理を採用し、すでに加工を行っています。

 

お問い合わせはこちら

各種メッキ加工は有限会社 伊藤鍍金工業所 にお任せ下さい